版画工房

hangakobo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 21日

アメリカの版画工房

e0225086_2034437.jpg


1960年代から70年代に活躍したアメリカの作家たちは
元来、絵画を専門に制作する作家たちでしたが、
時代の要請とともに多くの版画を作るようになりました。
その理由の一つに作品の需要が増え、
世界中の美術館が彼らの作品をコレクションするようになり、
その結果、個人コレクターが作品を容易に
手にすることが出来なくなったことがあげられます。
そこで、絵画と同じレベルを保ち複数芸術ゆえに
価格がある程度抑えられる版画製作が
盛んに行われるようになって行くのです。
ほとんどの作品は絵画の持つ力強さに匹敵するものとして
サイズも大型化して行きました。
「ULAE」「タマリンド」「ジェミナイ」「タイラー・グラフィックス」と言った
大がかりな版画工房が時代を切り開いて行きました。
版画工房の重要性が認められてきた時代です。
なかでもジャスパージョーンズやラウシェンバーグなどの
作り出した傑作の数々は工房の助言と技術提供があったから
生み出されたものでしょう。


■FUJITA GRAPHICS IKENOHATA STUDIOのスナップ
[PR]

by hangakobo | 2011-02-21 20:36 | Comments(0)
2011年 02月 15日

新たな魅力

e0225086_17181247.jpg


版画工房を立ち上げたのは
とにかく版画の裾野を広げたかったからです。
特に、版画家以外のアーティストの方に
版画の可能性を実感して欲しいと思いました。
版画は絵画の複製くらいに思っておられる方がまだまだ多いのです。
版画は一つの独立した表現メディアです。
そこには版画にしかできない表現があります。
実際に版画制作を体験すると
絵画制作とは全く違ったアプローチの必要性を感じるはずです。
単に複数制の問題だけでは片付けられない版画の必然性があります。
70年代に多くの現代美術の作家たちが版画を出発点に
美術界に登場したり、版画を通して表現の幅を広げた事実があります。
版画の魅力は作家の感性やコンセプトを整理させ
表現にプロセスという、数式を導き出させます。
版画という必然性を獲得した時
作家の新たな魅力が必ず見出されます。


■写真はパリのボー版画工房
[PR]

by hangakobo | 2011-02-15 17:19 | Comments(2)
2011年 02月 13日

エッチングを体験

e0225086_21133464.jpg


美術館やギャラリーなどで時々目にする「エッチング」ということば。
これは腐蝕銅版画のことを言います。
主に線で描かれたものをエッチングと呼び、
グレーや黒の面を作る方法にアクワチントという技法があります。

銅版画にはその他にも数多くの技法がありますが、
まとめてエッチングと呼ぶことが多いようです。
銅版画が木版画に比べてなかなか一般化しないのは
腐蝕をする設備や、印刷を行うときにどうしても専用の印刷機が必要となるからです。
そんな設備を利用できるのが版画工房です。

苦労して作った版にインクを詰めて印刷機(プレス機)を通し
紙をめくって絵が現れる瞬間の喜びは作った人にしか分かりません。
楽しい銅版画作りを一度体験しませんか?
FUJITA GRAPHICS IKENOHATA STUDIO
は無料体験講座があります。
お気軽にお訪ねください。
2月の教室は
土曜クラスが19日、26日 10:00〜12:00
月曜クラスが21日、28日 16:00〜08:00 です。

■写真は工房に設置されているプレス機です。
[PR]

by hangakobo | 2011-02-13 20:05 | Comments(0)
2011年 02月 04日

タブローと版画

e0225086_17563598.jpg


例えば油絵や水彩と言ったタブロー作品と比べると
版画制作には様々な制約があります。
描く事を重ねながら完成に近づけていくタブローに比べ
版画制作はまず最初に完成イメージを持ち
それに向けて逆算していくように
キチッとプロセスを踏まないと完成しないようなところがあります。
そして、その完成イメージに近づけるためには
どのような技法を使用したらよいかが大事な要素になります。
そのときに、豊富な技術と知識が必要になります。
ここに、版画工房の役割があります。
銅版画を経験してみたいと思われる方、
銅版画で新たな作品イメージを導き出したいと思っておられる作家の方、
FUJITA GRAPHICS IKENOHATA STUDIO をどうぞ、ご利用下さい。
新しい銅版画の制作をお手伝いさせて頂きます。
[PR]

by hangakobo | 2011-02-04 17:58 | Comments(2)
2011年 02月 02日

いつもとは違った表現体験

e0225086_21394045.jpg


油絵や水彩と言ったタブロー制作をなさっておられる方や
彫刻を専門にされる方々に一度、版画制作を体験されてみることを
是非ともオススメします。
現在もこの版画工房では
画家やイラストレーターの方が銅版画制作を始めることによって、
普段のお仕事とはまた違ったすてきな作品を多く生み出しています。
[PR]

by hangakobo | 2011-02-02 21:41 | Comments(0)
2011年 02月 01日

工房の場所

e0225086_1428661.jpg


FUJITA GRAPHICS IKENOHATA STUDIOは
版画家、藤田修が自身のアトリエを版画普及のために、
銅版画を学ぼうとする方々に開放している
銅版画専門の版画工房です。

■工房の場所
横須賀市上町3-32 志村マンション1F
横須賀上町郵便局前

■交通
京急横須賀中央駅から歩いて10分。
JR横須賀駅から衣笠行きのバスで約10分上町3丁目で下車。徒歩30秒です。
JR衣笠駅から横須賀行きのバスで約10分上町3丁目で下車。徒歩20秒です。
車の方は近くにコインパーキングもあります。
ぜひ、お気軽にお出かけ下さい。
[PR]

by hangakobo | 2011-02-01 14:33 | Comments(0)